Wifiは有線と比較して周囲の影響を受けやすい

subpage1

Wifi環境を設定するためには、ルーターなどの設置場所などを考慮して電波の状況を確認する必要があります。

Wifiが優先と比較して大きく異なるのは、無線の電波を飛ばしていることです。



電波は空気を伝わってきますので、周囲に障害物が存在するとその障害物に当たってしまって上手く伝わらなくなってしまいます。


有線と比較して周囲の環境に影響しやすい性質が存在しますので、この点をWifiでは必ず考慮しなくてはいけません。

例えば、自宅だけではなく会社でも設置したい場合にはオフィスの形状と面積に応じて、オフィス全体のレイアウトを変更する必要があります。Wi-Fi電波は通常、Wi-Fiルーターが受信をすることになります。

したがって、会社内に導入する際には、できるだけオフィスの中央に設置する必要があります。



オフィスエリアが広い場合は、複数のユニットを設置してアクセスポイントを多く獲得することも有効です。その場合、各エリアの中心点に設置するのが一般的で、壁や部屋の角に置くと電波が届きにくくなり、机の場所によっては通信の質が低下する場合がありますので注意しなくてはいけません。



必ず、周囲の環境が電波に与える影響を考える必要があるわけです。
家電製品や他のワイヤレス機器の近くで使用する機会があれば、Wi-Fi規格の種類によって電波干渉の可能性が出てきます。


電波干渉が原因で通信品質が通常と比較して大幅に低下する可能性は常に存在しますので、周辺の電化製品についても干渉しないように管理することが大切です。